耐震性、快適性を高めつつ、
長く愛せる雰囲気のある我が家へ

自然や住まいへの想い、会社の考え方に共感

ヴィンテージ感のある家具がよく似合う落ち着きのあるリビング。ここで「大好きな音楽を聴く時間がまた格別」

庭に面した窓辺はお気に入りの読書コーナー。奥様お気に入りのアンティークのランプシェードがアクセントに

47年前に建てられたY邸はご主人のご実家。33年前のご結婚を機に増築やリフォームを施し、大事に住み継いできた。しかし、細かく区切られた元の家は全体的に室内が暗く、床下からの冷気にも悩まされていた。「建て直すか、それとも、リノベーションするか」。迷いながらもインターネットで地元・福岡のハウスメーカーを探したおふたりが、ピンときた会社が[エコワークス]だった。

「前から会社の考え方やコンセプトに共感していました。大野城のモデルハウスへ足を運び、実際に話を伺って、ますます信頼が深まったのです」。

ここならこの家を明るく、温かく生まれ変わらせてくれる。そう確信したYさんの希望を受け、家の解体が始まった。「家を解体すると表面上では分からなかったシロアリの巣が見つかり、被害が広がる前に無事に取り除くことができました。大掛かりなリノベーションでしたが、思い切って実行して本当に良かったです」とご夫婦は振り返る。

新しくする部分は新しく、大事な思い出は活かす

明るく清潔感あふれるキッチン。上部に収納棚を設けていないため圧迫感がなく、空間も広く感じられる

効率よく家事が出来るL字キッチン。中央の作業テーブルは空間の広さに合わせてオーダーした

47年前のブロック基礎はポイントごとに修理し耐震性を強化。床下には室内への冷気や湿気を防ぐ対策を施した。構造上、必要な柱や梁を残して、しっかりと耐震補強を行ったうえで個室をつなぐことにより、1階には大きなLDKが誕生。以前よりも大きくなった窓には遮音性や断熱性に優れたペアガラスを入れることにより快適な室内環境が確保された。「以前はゴミ収集車の音が遠くても聞こえていたのですが、今は全く聞こえなくて通り過ぎてしまうほど静かなんです」。

「一方で、昔飼っていたネコの爪あとが残った柱などは色を塗り直して新しい空間でも活かしてくださいました」とご夫婦。家の思い出を残しつつ、新しくすべき所は新しく、強くすべきところは強くする。その細やかな心遣いが[エコワークス]の仕事の真骨頂。家の寿命を延ばすのはもちろん、家族が笑顔で過ごせるリノベーションの理由だ。

耐震補強が支える暮らしの安全と安心

新しく生まれ変わったわが家の住み心地はもちろん快適。「前の家とは空気が全然違います。どの空間もとても気持ちがいい。湿度を感じないし、水廻りに出ていたカビも今はまったく出ませんよ。何もしなくても食器も乾いているんです」。

耐震性の高さも安心の暮らしを支えているポイント。「リノベーション後に熊本地震があり、耐震の大切さを改めて実感。耐震にも力を入れているエコワークスさんにお願いして、本当に良かったです」。

確かな仕事が支える新しいわが家での心穏やかな日々。ゲストを招いて食事をする。音楽を聴く。読書をする。ここに流れる時間は以前にも増して、とても豊かだ。


PAGE TOP