父が建てた築50年のわが家を
美しく快適に再生し、大切に受け継ぐ

断られ続けた改築を快諾してくれたエコワークス

鳥栖市のサッカースタジアムのほど近く、昔ながらの集落の一角にH邸はある。約50年前、大工だったHさんのお父様が約2年がかりで建てた家である。

「建てた当初は表にかまどや土間があるような家でした。増改築もしましたが、間取りが悪く、住みづらさは否めませんでしたね。雨戸などの建具もすべて父が1人でコツコツつくり上げた、世界でひとつの家。それを絶やしてしまうのはしのびない。何とかして残して父の想いを受け継ぎたいと、一昨年からリノベーションの準備を始めました」。

ところが、いくつかの建築会社にリノベーションの打診をしても「とても無理です」「うちではお受けできません」と、返ってくるのは残念な内容ばかり。「本当に古い家でしたからね、それも仕方ないのかと諦めかけていました」。そんな中、近所で開かれていたのが[エコワークス]の完成見学会。早速出かけてリノベーションの相談をし、建物診断の予約をしたという。そして、家の基礎から天井裏まで細かく調査した結果、[エコワークス]から返ってきたのは「大丈夫、しっかりした家です。リノベーションできますよ」という嬉しい答えだった。

また断られるかな、と思っていたのでとても驚きました。柱を何本か取り除いても耐震性に問題はないというお話で、父が建てた家に間違いはなかったんだと家族みんなで喜びました」。

父がコツコツつくり上げた柱や建具をそのままに

間取りの打合せは順調に進んだ。日当りが良く、庭や外の景色がいちばんよく見える位置に家族や親戚が集まるLDKを配置。仏壇や、床の間があった和室は建具を変えて明るいイメージに。トイレやバスルームは移動させて車椅子でも使いやすい広さを確保。広い廊下を活かして、趣味の写真や季節の雑貨小物を飾るフリースペースを設けた。

「私たちの意見も取り入れて、残すのもと新しくするものをしっかり検討してから解体に入ってもらいました。特に和室の父がつくった欄間や建具は要望通り活かしてもらえてありがたかった。設計の方や現場の大工さんの意見を取り入れた部分も、できあがってみるとさすがだな、と思える出来ばえで満足しています」。

また、トイレを移動させる位置にあった井戸の対処にも[エコワークス]は快く対応。「ともすれば何の考えもなくつぶしてしまう会社もあるでしょうが、エコワークスさんは真摯に対応してくださり感謝しています」。


PAGE TOP